入庫・買取実例

入庫情報 二度と出ない快速ワゴン

入庫情報

dsc00845
80年代から90年代にかけては、走りが好きなユーザーにとって本当にいい時代だった。
特に日産党にとっては直6のRBと4発のSRという名機が豊富な車種にラインナップされていたから、好みのボディスタイルを選ぶという贅沢な選択肢が用意されていた。
RBエンジンに限ってもスカイライン、ローレル、セフィーロ、フェアレディZ、セドリック&グロリアなどがあり、同じチューニング手法が通用したから楽しみ方も千差万別。
なかでも注目できたのがツーリングワゴンであるステージアだろう。
dsc00867
ステージアはスカイライン人気が頂点に達していた1996年に新発売されている。
そのエンジンはRB25をメインにしており、シャーシはスカイラインがベース。
となれば走りにこだわるユーザーから大いに支持され、スカイラインとはちょっと違う存在感で注目されたもの。
なかでもターボ仕様は軽くチューニングすることでとんでもない速さを手に入れることができ、足回りにもスカイラインのパーツが使えたから直線番長なだけではなく鋭いハンドリングまで備えていた。
ということで中古車になるとドリフトベースとしての人気も盛り上がり、なかにはオーテックさながらにRB26をスワップするケースも数多くあった。
dsc00841
翻って現在、ドリフトブーム時に酷使された車両は姿を消し、ステージア自体が珍しい存在になってしまった。
それは2001年にフルチェンジして2代目になったステージアが、さらに大きく重くなり、もはやチューニングベースとしての魅力に乏しくなってしまったこともある。
イジリにくいVQエンジン搭載車になったこともその原因で、やっぱりステージアといえばRBを軽くイジッた快速ワゴンとしての姿を誰しも求めていたから。
だから2代目はモデルチェンジすることなく後継車がなくなってしまった。
そんな目で見ると、実に初代ステージアは魅力的。
けれど、もういいクルマが出てくることなんて望み得ない。
そう諦めてしまっていた人、まだまだ望みは捨てちゃいけません!
dsc00814
走行距離こそ11万キロを出てしまっているけれど、修復歴のない良質なクルマがここにあるんです!
うれしいことにボディや内装はノーマルのまま。ということはいい大人が乗ってきたという想像もできる。
つまり、手荒な扱いを受けていないということ。
でも吸排気を軽く変更して、足回りには車高調+18インチアルミを組み合わせているから、素性の良さをさらに引き出す手法が用いられている。
しかも足回りは純正が残されているから、ノーマルに戻すことだって可能。
dsc00886
どうです、チューニング派もノーマル派も納得でしょう。
もう二度とこんなクルマが新車で現れることはないだろうと考えると、今が最後のチャンスかも?!

改造・チューニング車専門店ファクトリーウィン 販売・買取・改造・レストアなんでもおまかせ!

他社よりも5万~50万以上UP!全国無料出張査定!!事故車・廃車・ローンでお悩みの方まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら↓↓

TEL:03-3745-7788

査定依頼はこちらからもできます。
改造車・ドリ車を今すぐ査定する
友だち追加数
Lineで最新情報を配信中!登録してね(^^)/

ABOUT ME
factory-win
世界に一つだけの車、買います!創ります! ウィナーグループのチューニングカーに特化した部門です。 ドリフト仕様、サーキット仕様、ゼロヨン仕様、ドレスアップ車をどこよりも求めています! 社外パーツにも興味津々! どう活用できるか、どうすれば最高の価値を発揮する車に再生させられるか? チューニング車はお手の物!ウィナーグループしか持たない、熟知したノウハウがあります。 かつては理想通りに仕上げたあなたの愛車、高額で買い取ります。 車検が通らないかも! コテコテでディラー買取では No と突きつけられた。 そんな車に断然興味あり! チューニングカーに精通したスタッフが自社積載車で即! 北海道から沖縄まで、全国どこでも引き取りに伺います。 レースデビューを願う方、世界に一つだけのあなただけの車を、自社工場でお望みどおりに創ります。 気軽に工場見学に来てください!