買取実例 ユーノスロードスター

[入庫情報 ロードスター]再評価された今が旬

ユーノス・ロードスターを名乗った初代ロードスター、しかも1.6リッターエンジンのNA6CEは世の中のクルマ好きがライトウエイトスポーツカーに回帰した原点。
クルマはパワーだけじゃないんだよ、と誰もが感じた名車だ。
そのロードスターも今や4代目のNDに成長。
そうなのだ、初代NAが登場して早くも30年近い歳月が流れてしまった。
こうなるともはや旧車の仲間入り。
それに合わせてマツダでもレストアサービスを開始。
ファンが多いクルマをメーカー自ら面倒見てくれる画期的なプロジェクト。
NSXみたいに高額なクルマなら理解できるが、新車で200万円前後だったクルマを相手にこんなサービスをしてくれるんだから、マツダはスバラシイ!

こんなこともあって、巷では初代NAロードスターを再評価する機運が高まり相場価格も上昇傾向。
これはいずれレストア済みの車両が200万とか300万円になる可能性だって含んでいるといえよう。
だからこそ、気になる存在であるなら今が買い時だと言えるのだ!

今回紹介するのは、初代も初代、平成3年式の1.6リッターエンジン時代のNA6CE。
まずは写真をご覧いただきたい。


この時代のソリッドレッドは、10年としないうちに色あせてしまうのが当たり前。
それなのにこのツヤである。
もうこれだけでも参ってしまう。
おそらく保管状態がよかったのだろう、エンジンルームを見ても塗装や鉄板の状態は良く、これなら安心して乗れそうだ。
しかも、エンジンはフルノーマル。


トランスミッションがATだからということもあるだろう。


ただ、マフラーはHKS製にされているので刺激的な排気音を楽しめるぞ。
外装はアルミを変更しているだけ。


これだけのモノはそうそうないはず。

室内を見てもエンジンから受ける印象そのまま。
ステアリングやシフトノブこそ変更されているが、シートを含めほぼオリジナル。


オープンカーだから室内が汚れるのは仕方ない。それを反映したシートという印象だが、走行距離が8万キロを出たばかりと短いため、痛みは27年落ちのクルマとは思えない。


この状態なら、足回りもオリジナルで問題ないことだろう。こういうのを素性の良いクルマと言うのだ。
NAロードスターを探しているなら必見の1台だ!

改造・チューニング車専門店ファクトリーウィン 販売・買取・改造・レストアなんでもおまかせ!

他社よりも5万~50万以上UP!全国無料出張査定!!事故車・廃車・ローンでお悩みの方まずはお気軽にご相談下さい。
お問い合わせはこちら↓↓

TEL:03-3745-7788

査定依頼はこちらからもできます。
改造車・ドリ車を今すぐ査定する
友だち追加数
Lineで最新情報を配信中!登録してね(^^)/

ABOUT ME
factory-win
世界に一つだけの車、買います!創ります! ウィナーグループのチューニングカーに特化した部門です。 ドリフト仕様、サーキット仕様、ゼロヨン仕様、ドレスアップ車をどこよりも求めています! 社外パーツにも興味津々! どう活用できるか、どうすれば最高の価値を発揮する車に再生させられるか? チューニング車はお手の物!ウィナーグループしか持たない、熟知したノウハウがあります。 かつては理想通りに仕上げたあなたの愛車、高額で買い取ります。 車検が通らないかも! コテコテでディラー買取では No と突きつけられた。 そんな車に断然興味あり! チューニングカーに精通したスタッフが自社積載車で即! 北海道から沖縄まで、全国どこでも引き取りに伺います。 レースデビューを願う方、世界に一つだけのあなただけの車を、自社工場でお望みどおりに創ります。 気軽に工場見学に来てください!